CHESTERFIELD COAT(Brooks Brothers in 1960’s)

1960年代にアメリカのブルックスブラザーズで販売されていたチェスターフィールドコートです。
当時のブルックスブラザーズには上級ラインから「Own Make」、「346」、「Brooks Gate」の三種類があり、このオーバーコートは「346」という中級ラインです。チェスターフィールドコートは今でこそ、礼装用のオーバーコートですが、19世紀には、ツイードやメルトンで作った、着丈も膝丈の比較的スポーティーなものが多かったようです。

このコートもヘビーウェイトのツイードによる膝丈、比翼仕立で袖ボタンもないので、その流れを汲んだカジュアルコートと言えます。スーツやジャケット、またカジュアルでも使えるオールマイティーなオーバーコートです。

関連商品

  1. PEA COAT

    英国製のメルトン地、ボタンは旧ソ連の海軍のものをあつらえたピーコート

  2. COVERT COAT

    スリムなウェストラインや袖幅。都会生活者にはぴったりの活動的なコートです。

  3. BALMACAAN COAT

    ラグランスリーブ、ステンカラーのコート

  4. STOCKMAN CAPE

    撥水のコットンを使用し、取り外し可能なケープが付いたコート

  5. CHESTERFIELD COAT double

    チェスターフィールドコートのダブルブレスト

  6. POLO COAT single

    英国のスポーツであるポロの観戦用のコート

ページ上部へ戻る