UNBELTED TRENCH COAT

「Pierre Cardin」のビンテージのオーバーコートの影響を受けた、ベルトレスのトレンチコートです。
基のコート(写真の下段2点のネイビーのコート)はフランス製で、「Bonwit Teller」とのダブルネームです。
Bonwit Tellerは1880年創業のニューヨークの5th Avenueにあった衣料品中心の高級百貨店でした。
1966年10月15日発売のアメリカの雑誌、「The New Yorker」には、アメリカ初のピエール・カルダン メンズウェアのインショップがこのBonwet Tellerにオープンしたとの記事が掲載されています。しかし、カルバン・クラインを輩出したことでも有名なこの百貨店も残念ながら1989年に倒産してしまいます。

このコートの年代は不明ですが、上述より1966年~1989年の間のものであることは確かで、少なくとも20数年以上前のコレクションであることがわかります。ウェストをフロントダーツでかなり絞り、トレンチコートでありながらあえてベルトを排した、シンプルでありながら、印象的なラインです。(確かにベルトがないと、わずらわしさから開放されます)
また、背はウェストの上のインバーティッドプリーツと裾のボックスプリーツがエレガントな曲線を助長しており、腰のパッチアンドフラップポケットはAラインをさらに強調しています。
素材はかなり重めのウールのウィップコード、暖かい生地でありながら、毛羽立ちがないために、初冬から初春までかなり長い期間着用でそうです。

今回の当店制作のコートはゴージライン等を現代的にアレンジしています。

関連商品

  1. PEA COAT

    英国製のメルトン地、ボタンは旧ソ連の海軍のものをあつらえたピーコート

  2. CHESTERFIELD COAT single

    昼夜を問わず正装として着用可能なコートの代表格

  3. CHESTERFIELD COAT(Brooks Brothers in 1960’s)

    1960年代にブルックスブラザーズで販売されていたチェスターフィールドコート

  4. SHORT TRENCH COAT

    英国陸軍の軍用のコート。ショート丈でシャープに。

  5. POLO COAT double

    ポロの観戦用のコート、ダブルブレスト

  6. BRITISH WARM

    英国陸軍を起源とする革ボタンのコート

ページ上部へ戻る