ブログ

Vol. 163 Ventile, High Performance Cotton

■大変お待たせいたしましたが、本日、12月1日より、Visa、Mastercard、Diners Clubの3ブランドも、「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象となり、5%のポイント還元がスタートいたします。
すでに、JCB、American Expressは対象となっていますので、これでほとんどのカードをお使いいただけることになります。
*Discoverは対象外となります。
*Square端末でのご決済になりますので、お支払い回数は一括のみとなり、ご利用控はメールあるいはショートメールでの発行となります。

 

 

今年も残すところ、1か月、本当に早いですね。
今年の秋は暖かく、ようやく冬の気配を感じるようになってきました。
これから本格的な冬が来るというのに、ウールではなく、まさかの高機能のコットンのご紹介です。


1943年に英国で開発されたVentile(ベンタイル)は、世界中の綿の収穫量の2%しかない長綿によるコットンの糸を使用した超高密度の生地です。
当時の英国空軍のパイロットのユニフォームに採用され、大西洋を横断する際も、万が一、海に投げ出されても生存率が10倍向上したといわれるほど、撥水性が高い生地です。
1953年のニュージーランドの登山家ヒラリー卿が人類初のエベレスト登頂の際にも着用してました。
また、1979から1982年にかけて、探検家ラナルフ・ファインズ卿が初の北極横断を達成した際にもVentileを着用していました。
このVentileの特徴は、撥水性、防風性に優れていながら、湿気は通す通気性を併せ持つ点です。

 

右上の画像は、生地の裏側からスチーマーで蒸気を当てたところです。
簡単に湿気は通しますが、水滴は通しません。
(黒い生地の下の方が水滴です。)

今回、スプリングコートを作成しました。
なんせ、生地の密度が高いため、手縫いは困難を極めました。
また、ミシンを利用してもミシン針が滑らないと、職人の文句を聞きながら(笑)、何とか出来上がりました。
残念ながら、穴かがりも機械に頼るしかなかったのですが、
性能の割には柔らかい風合いと防しわ性には素晴らしいものがあります。


(生地の拡大写真:織りに全く隙間がないことがお分かりいただけると思います。)

やはり、天然繊維100%で特殊な加工を施していない、ナチュラルな風合いは何物にも代えられません。
防風性も高いので、冬にも活躍しそうです。
もちろん、パンツやジャケットにもお使いいただけます。

 

 


(神戸タータン情報)
① 11月後半から、下記の印鑑ケースとスマホリング、シェルライトの取り扱いを始めました。

印鑑ケース(カードケース付)2,300円(税抜) 内側もタータンの贅沢仕様です。


ハート形スマホリング 1,500円(税抜) リングに角度を付ければスタンドになります。


Shell light(シェルライト) 4,260円(税抜) 開くと光り、閉じると消えるシンプルなLEDランプです。
ご旅行や防災グッズとして役立ちます。

② 先日もご案内したテディベアチャームも好評発売中です。
 
(あいにく、上の3体は一時品切れとなっています。)

 
(あいにく上の一体は一時品切れとなっています。)
5,000円(税抜) 日本テディベア協会会員のMadame Kyoの手作りですので、すべて表情や仕様が異なります。

③ 12月14日(土)から新潟県立万代島美術館にて「タータン展」が開催されます。
今回の展覧会は来年の3月1日(日)までと長期の会期となっています。
今回も神戸タータンのアイテムの展示と販売が予定されています。
おそらく、新潟が最後の巡回展となるとのではないかと思います。
是非ご来場ください!
詳しくはこちらをご覧ください。>>

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る