ブログ

【号外】2019年秋冬物早期ご予約プログラム

まだまだじめじめした気候が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
8月になれば、本格的に2019年秋冬物のサンプルが入ってきますが、その前にお買い得生地が色々入荷予定です。
バンチサンプルで紹介されていないハイスペックの現物生地、当店で大量に注文したためスケールメリットのある生地、惜しまれながら廃番となり在庫になった生地などをご紹介します。
○ まずは服地のご予約を頂き、英国やイタリーから服地が到着後にお仕立を進めさせていただきます。すでに生地が当店に到着しているものもあり、それらはいつでもお仕立が可能です。
○ ご予約の段階で、お内金として服地代の半額程度を頂戴いたします。(クレジットカード決済もお受けいたします。)お仕立ては2019年の秋冬のシーズンにお願いいたします。また、服地代を全額頂戴いたしました場合は、来年以降のお仕立てでも服地を保管させていただきます。
○ 価格等はメール>>、またはお電話にてお問い合わせください。 (TEL 078-854-9701)
○ 服地のみの販売はいたしておりません。

◆   ◆   ◆   ◆

❶ Edwin Woodhouse

  
*申し訳ありません。全色売り切れました。

◆ Edwin Woodhouse “Vintage Twist”  100% Wool  300g
経糸に1920年代から同社で使用されてきた三つ撚糸、緯糸に杢糸の双糸(色の違う二色の糸を撚ったもの)を使用した、絶妙の霜降りスーツ生地です。
茶、グレー、ネイビーの3色です。
300gと適度な厚みがあり、秋冬春の3シーズンのご着用が可能です。
杢糸を使用することにより、近くで見る時と遠目で見る時の印象がかなり変わり、遠目では深みのある色がお楽しみいただけます。
Edwin Woodhouse社はすでに大手の服地製造グループの傘下に入っており、これらの生地も同グループのTaylor & Lodgeで生産されました。
ただし、今後、Edwin Woodhouse伝統の生地の製造は見込まれず、たぶん、これが最終のご提供になると思います。
各色、スーツ2着分ずつ、かつての半額に近いお値段でご提供が可能です。

 

❷ Reid & Taylor

*申し訳ありません。売り切れました。
◆ Reid & Tailor   99% Super 160’s wool  1% Cashmere   250g
英国の生地らしくハイスペックながら張りのある風合いです。
英国生地には珍しい、オールシーズンのご着用が可能なスーツ生地です。
色は少し明るめのネイビーですが、彩度が低いため非常に上品な色目に上がっています。
スペックの割にはかなりお買い得な価格で、スーツ2着分ご用意しています。

 

❸ Carlo Barbera

◆ Carlo Barbera  60% Cashmere  40% Wool   520g
イタリアのCarlo Barberaのハイスペックコート生地です。
ネイビーのヘリンボーン、畝は3㎝程度の大柄ですが、決して派手ではなく、コートには最適な大きさです。
毛羽立ちは少ないので、初冬から初春まで長期間のご着用が可能です。
さすがに60%のカシミアですので、非常に肌触りがよく、それでいて張りのある風合いは、
短めのチェスターフィールドコートに最適です。
コート2着分、ご用意しています。
価格は超お買い得です。

 

❹ Ermenegildo Zegna 


◆ Ermenegildo Zegna  “Trofeo”   100% Wool  240g
Zegna のおなじみのオールシーズン生地、Trofeoのネイビーの柄物です。
かなり小さめのチェックですので、遠目には無地に見えるネイビーの生地です。
スーツ2着分、かなりお買い得です。

 

❺ Ermenegildo Zegna

*申し訳ありません。売り切れました。
◆ Ermenegildo Zegna ”15Milmil15″   100% Super 170’s wool  220/230g
これもZegnaでおなじみの15Milmil15です。
ミディアムグレーの無地は、ヨーロッパでは、黒以上にフォーマルと言われており、特にこのハイスペックの生地はお祝い事の礼服には最適です。
もちろん、スペックの割には張りがありしわが寄りにくいこの生地は、普段使いのスーツとしても全く問題なくご着用できます。
こちらも2着分、かなりお買い得価格になっています。

 

❻ Ermenegildo Zegna


◆ Ermenegildo Zegna ”15Milmil15″ 100% Super 170’s wool 220/230g
前述のミディアムグレーの無地と同じ、15Milmil15の柄物です。
ネイビーの地色のグレンチェックにほのかな赤のオーバープレイドが施されています。
遠目にはチェックはほとんど目立ちませんが、深みのある色合いになります。
このハイスペックの生地において、柄物はある意味かなり贅沢ですね。
価格は、ミディアムグレーの無地同様、かなりお安くなっています。

 

❼ Ermenegildo Zegna

◆ Ermenegildo Zenia “Electa”  100% Wool  310g
ゼニアの秋冬の定番スーツ生地、Electaです。
ピッチが約18㎜のチョークストライプ、地の色はネイビーです。
ストライプのピッチは一般的に、広くなると派手に、狭くなると地味になる傾向がありますが、
15㎜~20㎜あたりが、衿に3~4本のラインが入り、ちょうどストライプらしい適正な巾だと思います。
クリアカットの生地には珍しいかすれた感じのチョークストライプが良い味を出しています。
スーツ二着分、かなりお買い得価格になっています。

❽ Ermenegildo Zegna

◆ Ermenegildo Zenia “Electa” 100% Wool 390g
前述の生地とおなじ、ゼニアのElectaではありますが、ウェイトや織組織、風合いなどが全く違う新しい品質のスーツ生地です。
太番手の糸でざっくりと平織で織りあげたカントリー調の生地です。
ただし、英国の生地とは違い、驚くほどソフトな手触りに仕上がっており、きれいなドレープのスーツが出来そうです。
ブルーグレーのグレンチェックです。
スーツ二着分の限定販売です。

❾ Ermenegildo Zegna

◆ Ermenegildo Zenia “Electa” 100% Wool 390g
上のブルーグレーのグレンチェックと同じ素材の、グレーの千鳥格子です。
適度な大きさの千鳥格子ですので、スーツで作られてもジャケット、パンツとも単品でのご着用が可能です。
スーツ二着分の限定販売です。

 

❿ Tessilstrona

*申し訳ありません。売り切れました。
◆ Tessilstrona  100% Super 180’s wool 280/290g
イタリアのTessilstronaの超ハイスペックのスーツ生地です。
色は、イタリアらしい彩度の低いネイビーです。
Super 180’s woolはゼニアの最高級生地15Milmil15よりも細い繊度(羊毛の直径)である14.75ミクロンの原毛を使用しており、もはや通常のカシミアより細いものです。
従って、手触りはカシミアのような肌にまとわりつくようなしっとり感があります。
かなりのお買い得生地で、一着分の限定販売です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る