ブログ

【号外】2022年秋冬物生地情報

2022年の秋冬物のお買い得生地をご紹介します。
ここのところの円安傾向と輸送費を含む諸経費の高騰で、2022年秋冬物のヨーロッパからの取り寄せ新作生地の価格は上昇しています。
一方、長引くコロナ禍で、滞留している生地在庫も多く、それらの高級素材でもお求め安くなっています。
今回ご紹介する生地は、かなりお買い得のものばかりですので是非ご覧ください。

生地をご購入いただきましたら、お仕立は秋口にご用命いただければ結構です。
生地のお支払いは、ネット上のクレジットカード決済のSquareがご利用いただけます。


価格等はお気軽にお問い合わせください。>>

New ■  Loropiana

Loropiana “Cashmere Wish”  90% Super 170’s wool  10% Cashmere  260g
(グレーのストライプが売り切れました。)

Loropianaの最高級のスーツ生地です。
15μ(ミクロン=1000分の1ミリ)のウール(直径15ミクロンの原毛はスーパー170と呼ばれています。)とカシミアの混紡糸を使用し、より贅沢な仕上がりになっています。
カシミアをブレンドすることで、ヌメリ感、肌触り、光沢が一段とアップし、非常に高級感あふれる風合いに仕上がっています。
今回、ミディアムグレー、ミッドナイトブルーのそれぞれの無地とブルーのピンストライプのチャコールグレーの生地のみ、お安く提供いたします。
無地は2着、ストライプは1着のみのご提供です。
生地は通常の15%オフとなりますが、「神戸ブランドエールクーポン」をご利用いただきますと、合計5万円以上お買い得となります。
値引き販売がほとんどないLoropianaのまたとない機会となります。
「神戸ブランドエールクーポン」の詳細はこちらをご覧ください。>>


(ミッドナイトブルー無地)             (ミディアムグレー無地)


(グレーストライプ 売り切れました。)

 

■ Bower Roebuck (売り切れました。)

Bower Roebuck “Pure Worsted spun Cashmere”  100% Worsted Cashmere  350g
(3色とも売り切れました。)

最近珍しい、英国製のスパンカシミアのスーツ生地です。
毛足の長いカシミアの原毛のみを使って、ウールのように梳毛糸を作る点が、コートなどのカシミアとの大きな違いです。
大変贅沢なスーツ生地となりますが、梳毛(ウーステッド)ですので、充分な耐久性があります。
カシミアらしい、何とも言えぬヌメリ感とソフトな肌触りをお試しください。
ネイビー、チャコールグレー、黒の三色で、それぞれスーツ一着分のみのご提供です。
かなりお買い得です。


(ネイビー 売り切れました。)             (チャコールグレー 売り切れました。)


(黒 売り切れました。)

 

New ■ Yamaei  “British Racing Green”  Wool Gabardine (売り切れました。)


Yamaei “British Racing Green”  100% Wool  470g
(売り切れました。)

日本国内で特別にレーシンググリーンに染色をお願いした、ウールギャバジンです。
経二重織(ダブルクロス)で裏がサテン、表がギャバジンになっており、光沢のある上品な服地です。
ダブルクロスは、生地の中に空気を多く含むので、柔らかく弾力性があり、何と言っても保温力が高いのが特徴です。
470gですので、重めのジャケットやCPOジャケット、チェスターフィールドコートやピーコートにも最適です。
色は、青みがかった深みのあるグリーンで、まさに完璧なブリティッシュレーシンググリーンに仕上がっています。
国産ですので、かなりお求め頂きやすい価格になっておりますが、9mしか染めていないため、ぜひお早めにご検討ください。

 

■ Bower Roebuck

 
(売り切れました。)

 
(売り切れました。)

Bower Roebuck  “Pure Escorial”  100% Escorial wool  300g

2022年の春夏物の生地情報でもご紹介しました、Bowe Roebuck社製のEscorialの在庫が新たに見つかりました。
生地そのものは数年前のものです。
The Escorial Company Ltd.が原毛を供給し、Standevenより生地が販売される体制以前の生地となります。
当時は、このBower RoebuckとWilliam Halstead、Reid &Taylorの3社に原毛が供給され、生地を生産していましたが、もちろん、品質は現在のものと全く変わらず、生地のふくらみや伸縮性はまさにEscorialです。
それぞれ最後の1着ずつ(ネイビーのストライプのみ2着)の在庫となります。
価格は、Escorialとしては破格ですので、ぜひご覧ください。

 

■ Dormeuil Overcoatings

Dormeuilから、オーバーコート用のお買い得在庫生地のサンプルが届きました。
在庫生地ですので、素材はばらばら、カシミア100%からアルパカ混、そしてウールで防水・透湿の被膜を貼り合わせたものもあります。どれも、現在のバンチサンプルには入っていないもので、価格もかなり魅力的です。
全部で16種類、在庫メーター数もかなり限られていますので、ぜひお早めにご覧ください。

 
1. 100% Cashmere 450g                                   2. 90% Wool  10% Cashmere  610g(売り切れました。)

 


3. 90% Wool  10% Cashmere  610g                    4. 90% Wool  10% Cashmere  610g

 


5. 43% Baby Alpaca  49% Wool  8% Nylon  590g   6. 43% Baby Alpaca  49% Wool  8% Nylon  590g(売り切れました。)

 


7. 43% Baby Alpaca  49% Wool  8% Nylon  590g (売り切れました。)  8. 100% Wool  540g(売り切れました。)

 


9.  100% Wool  540g (売り切れました。)               10.  100% Wool  510g(売り切れました。)

 


11.  100% Wool  390g                                       12.  100% Wool  610g


13.  100% Wool  480g                                       14.  100% Wool  650g  (Polyurethane back)

 


15.  100% Wool  260g  (Polyurethane back)       16.  100% Wool  260g  (Polyurethane back)

 

 

■ Harrisons of Edinburgh

  
Harrisons of Edinburgh  ”Premier Cru” 100% Wool  330g

Harrisonsの秋冬物の定番スーツ生地のPremier Cruの廃番となった服地のご紹介です。
グレンチェックに、赤と黄色のオーバープラッドはかなりクラシックな印象となります。
ジャケット、パンツをバラバラに使え、便利な生地です。
それぞれ、スーツ二着分のご提供です。

 

■ Ermenegildo Zegna

  

  

Ermenegildo Zegna “Loop”  100% Wool 260g
Loopは服地の製作途中で発生する余剰の原毛を集めて生産した、サステナブルな服地です。
ただし、適度な光沢のあるサキソニーは、非常に上品で、セミミルドの風合いは、秋口の装いにぴったりです。
ウィンドウペーンは1着のみ、それ以外のチャコールグレー、ミディアムグレー、ネイビーは二着ずつの提供となります。

 

■ Ermenegildo Zegna(売り切れました。)

Ermenegildo Zegna “15Milmil 15”  100% Super 170’s wool  210g
(売り切れました。)

おなじみのZegnaの最高級オールシーズン生地のご紹介です。
今回、ネイビーの細かいヘリンボーンの織柄の生地のみ、かなりのお買い得価格で入荷しました。
今までにありえなかった価格です。
一着分のみのご提供です。

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る