ブログ

【号外】2024年秋冬物生地情報

2024年の秋冬物のお買い得生地をご紹介します。
昨年から主要な通貨に対する円安傾向がつづき、とりわけ、ドル以上にユーロの円安が顕著になっており、ヨーロッパにおけるエネルギーの高騰と相まって、生地の価格はかなり上がっています。
そんな中、昨季以前に輸入された在庫生地や廃番前の在庫でお安く提供ができる生地などをご紹介します。
また、まとめて仕入れる生地、プレシーズンに仕入れる生地などもお買い得になっていますので、ぜひご利用ください。
生地をご購入いただきましたら、お仕立は秋口までにご用命いただければ結構です。
生地のお支払いは、ネット上のクレジットカード決済のSquareがご利用いただけます。
ちなみに生地のみの販売は致しておりませんので、予めご了承ください。


価格等はお気軽にお問い合わせください。>>

 

New ◆ Escorial


Escorial  100% Escorial Wool  250g

エスコリアルウールの超お買い得生地をご紹介します。
もともと、無地や織柄のベーシックな色柄については、日本の商社がまとめて輸入し、特価での販売をしていましたが、とうとう在庫が上記の濃い茶色のみとなり、更にお安くなったものです。
色は、チャコールグレーと見紛うようなかなり濃いめの茶色となり、靴などは茶系より黒の方がコーディネートしやすい色目です。
と言いながら、グレーではなくあくまでも茶系であるため、上衣のみでお召しになりグレーのパンツなどで合わされると非常にシックなジャケット+パンツスタイルになる便利モノです。

現在、エスコリアルウールは非常に高価になり、Super 200’Sのウールやスパンカシミア*のスーツ生地以上の価格で販売されています。
それもそのはずで、エスコリアルウールの収穫量はカシミアの1%以下と言われています。
今回、この濃茶の無地につきましては、現行のエスコリアルウールのスーツ生地の価格の3分の1以下の超特価となっています。
* 「スパンカシミア」ーウーステッドスパンカシミア(梳毛カシミア)のことで、スーツなどに用いる毛羽立ちのないカシミア生地。紡績のコーミングという工程で繊維を同じ方向に梳き整えて細い糸を紡ぐため、特別に毛足の長いカシミアが選りすぐられ、工程も複雑なことから、コート用のカシミアより高価になる。

エスコリアルウールは、繊維のクリンプ(縮れ)が非常に強く(1㎝あたり8~13回)繊維そのものがバネの働きをするため、信じられないほどのストレッチ性があり、服地の中に最高の断熱材である多くの空気を多く含むため、夏は涼しく冬は暖かいという特徴があります。
さらに、250gとまさにオールシーズンのご着用が可能となります。

エスコリアルウールは14世紀から今日まで数々の奇跡と先見の明により生きながらえてきた歴史があり、約10年前に店長がそれをまとめましたので、ぜひご覧ください。「Long Journey of Escorial Wool」>>

現在、スーツ着分で3着分、確保しています。
(結果的に十数着分の在庫を確保しましたが、残り、数着分となりました。ぜひお早めにお問い合わせください。)
もしジャケットのみの着分をご希望の場合は、在庫のある限り対応させていただきますので、お気軽にお問合せください。

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る