COVERT COAT

英国では非常にポピュラーなコートです。
狭めの肩幅とスリムなウェストラインや袖幅。また、着丈は膝丈(ニーレングス)で、都会生活者にはぴったりの活動的なコートです。もともとは、乗馬用、狩猟用として考案されたコートですが、1930年代には一般的に街でも着用されたようです。 生地はカバートクロスと呼ばれる、杢糸(濃淡2色の糸を撚り合わせた糸)使いのかすかにまだらなブラウンやグレーの綾織の毛羽立ちのない素材です。カバートとは「動物の隠れ場」と言う意味で、薮や茂みでの活動を想定した高密度の織物です。 スリムで短めなラインとあいまって、初冬から着用が可能で、スーツやジャケットとのコーディネート以外に、プルオーバーやコーデュロイのパンツ等のカジュアルな服装にも似合います。

上衿は一般的にコットンベルベット(別珍)が付けられています。別珍は5色ご用意しておりますが、もちろん、胴体と共地を使用することも可能です。 ディテールの特徴としては、袖口と裾のレールローディングと言われる4本のステッチが施されており、内ポケットにも特徴があります。 素材は、Edwin Woodhouse, Scabal, Drapersのカバートクロスをご用意しております。それぞれ、茶系・グレー系・グリーン系でさまざまな厚さの生地をお選びいただけます。

関連商品

  1. CHESTERFIELD COAT(Brooks Brothers in 1960’s)

    1960年代にブルックスブラザーズで販売されていたチェスターフィールドコート

  2. STOCKMAN CAPE

    撥水のコットンを使用し、取り外し可能なケープが付いたコート

  3. POLO COAT single

    英国のスポーツであるポロの観戦用のコート

  4. CHESTERFIELD COAT single

    昼夜を問わず正装として着用可能なコートの代表格

  5. UNBELTED TRENCH COAT

    「Pierre Cardin」のビンテージのオーバーコートの影響を受けた、ベルトレスのトレンチコート

  6. CHESTERFIELD COAT double

    チェスターフィールドコートのダブルブレスト

ページ上部へ戻る