Kobe Tartan

go to >Product(神戸ファッションマート商品検索ページ)
go to >神戸タータン協議会(神戸タータン協議会 公式HP)

神戸の街をイメージした 「神戸タータン」が誕生!

このたび、神戸開港150年を記念して、神戸のイメージカラーを凝縮したタータンを発表する運びとなりました。神戸と聞いてイメージする色は?みなと神戸の海のブルー、街に多く見られる白亜の建築物や真珠の白、ポートタワーや神戸大橋の赤、そして、後ろに控える六甲山の緑、これらのエッセンスをチェック柄で表現したのが、この神戸タータンです。

デザイン、ロゴとも、すでに商標登録の出願をし、今後、神戸を象徴するイメージデザインとして、様々なアイテムでの使用を促進します。大手百貨店などでは例がありますが、商店街や商業施設などの枠を乗り越え、神戸の街全体で、色や柄による統一したイメージ戦略を産官学が一体となって推進する、おそらく日本では初の試みではないかと思われます。

タータンは、縦と横の色と配列が同じ正方形のチェック柄で、スコットランドにおいて地域特有の柄(ディストリクトタータン)を経て、クラン(氏族)ごとのチェックとして19世紀に確立したものです。もともと織物の柄として発達したものですが、意匠(デザイン)としても優れており、衣料品やアクセサリーはもとより、包装紙、ショッピングバッグ、ポスター、バナー等の販促物においても「神戸」を表現することができます。

ヨーロッパ航路の玄関口として発展した神戸港、日本初のラムネの販売をし、神戸レガッタ・アンド・アスレティック・クラブの創設者である、アレキサンダー・キャメロン・シム(1840~1900)など、スコットランドとのゆかりも様々ありますが、なにより、視認性が高く、直観的に色や柄でわが街を想起させるタータンが神戸のイメージアップと産業振興の一助となり、神戸の街や神戸人のソフトパワーの拠り所となれば幸いと考えます。


神戸タータン協議会事務局
石田原弘


▲当店で販売中の神戸タータン商品の最新情報はこちらの「神戸ファッションマート公式HP」をご覧ください。


▲当店運営の「SETTE PIEGE(セッテ・ピエゲ)」オンラインショップでも発売中です。

 

ページ上部へ戻る