Original Fabric

go back to >Fabric

Original Suitings Collection

go to >Tartan
go to >Oilspun(英国式梳毛紡績:オイルスパン)

go to >Schonherr(ションヘル式シャトル織機)
go to >Yarncount(糸の番手)
go to >Other(その他の工程

20世紀の後半から、世界的な衣服の大量消費の時代となり、その原料である服地作りにおいても既製品のための大量生産が主流となりました。
そのため、効率の悪い機械は徐々に駆逐されていきましたが、それは、残念ながらウールなどの天然原料の本来持つ特性を十分生かしきれなくなることにもつながりました。
幸い日本には、1970年代あたりまでヨーロッパ各国で活躍していた古き良き時代の紡績機や織機がかろうじて稼働しており、当店では、それらを利用して、今のヨーロッパでは再現が不可能な服地づくりを進めています。(服地のみの販売はいたしておりません。)

◆ Centenary Tartan Collection  Wool 100% 500g
go to >Tartan

当店の創業100周年を記念し、オリジナルのハウスタータンを製作しました。

神戸のイメージを色で表したタータンで、ジャケットやコートをはじめとして、バッグや革小物も開発する予定です。2014年4月には、世界中のタータンチェックの管理を行うスコットランドの政府機関、「The Scottish Resister of Tartans」(スコットランドタータン登記所)において、正式に登録され、
生地見本が永久保存されることとなりました。
今までのオリジナル服地とは違い、タータンの本場、スコットランドのLovat Millに生地の製作を依頼しました。タータンの登録には、生地を構成している色糸の本数等のスペックの連絡が不可欠となり、さすがにそのあたりはスムーズな作業となりました。品質は、チェヴィオットツイードの典型的なジャケット素材で、コートにも十分な肉厚があります。

◆ Centenary Oil Spun Collection  Super 140’s wool 100% 260g
go to >Oilspun(英国式梳毛紡績:オイルスパン)
go to >Schonherr(ションヘル式シャトル織機)
go to >Yarncount(糸の番手)
go to >Other(その他の工程

当店の創業100年を記念し開発した、オールシーズンのオイルスパンスーツ生地です。
オイルスパンは英国式梳毛紡績機(ブラッドフォードシステム)で作られた糸で、紡績の一工程である「前紡」段階で、糸を引き伸ばしながら撚りをかけていくため、硬く締まった張りをもった反発力のある糸が完成します。また、スーパー140’Sの高級原毛を使用しながら、あえて、2/80MMという比較的太い糸を「余裕をもって」作ることにより、ウールのクリンプ(縮れ)を伸ばしきらない、ストレッチ性を保ちます。
それらの本来、ウールの持つ反発力やストレッチ性を生かした糸作り、その糸の特性を損なうことのない低速のションヘル式シャトル織機による生地づくり、また、それ以外の染色、製織、仕上整理加工の段階においても、贅沢にゆっくりと時間をかけた製法で、柔かい手触りと張りが両立し、しわの回復力の高い、まさに理想的なスーツ生地ができあがりました。おそらく、史上初の「オイルスパン合物」生地となります。
それぞれの工程における特徴とこだわりは下記のとおりです。

◆ Shropshire Collection  Wool 100% 396g
go to >Oilspun(英国式梳毛紡績:オイルスパン)
go to >Schonherr(ションヘル式シャトル織機)

かつて、1950年代、60年代に一世を風靡したDormeuil社の「Sportex」を彷彿とさせるコレクションです。Sportexはチェビオット種のツイードを使用していますが、残念ながら日本ではほとんど手に入らないため、同じく英国羊毛のシュロプシャーを使用しています。杢糸を多用したスーツ用ツイード生地で、ふくらみのある風合いによる暖かさと、しわの寄りにくさが最大の特徴です。
現在ヨーロッパで使用されているレピアやエアージェットなどの高速織機では、テンションがかかりすぎて、このふくらみを出すことができません。

Pure Mohair Collection  Mohair 100% 274g
go to >Oilspun(英国式梳毛紡績:オイルスパン)
go to >Schonherr(ションヘル式シャトル織機)


モヘアはウールのようなクリンプ(縮れ)がないために、その糸はストレッチ性が乏しく、強く引っ張ると切れてしまうという問題があります。現在の大量生産において、織機はレピアやエアージェット式の高速織機がほとんどで、高いテンションがかかるため、モヘア100%の糸を経糸に使用することは不可能です。
その点、1960年代に活躍した旧式のションヘル式シャトル織機は上述の高速織機に比べるとわずか6分の1のスピードゆえ、経糸にテンションがかからないため、全く問題なくモヘア100%の服地を作りだすことが可能です。また、横糸にもテンションがかからないため、モヘア生地では考えられないくらい横方向への伸びがあり、素晴らしい着心地となります。熱伝導率が低いモヘア100%ということで、通気性と相まって、究極の夏用服地が完成しました。

 

↓ Original Suitings Collectionから、今まで製作したオリジナル生地を最新のものからさかのぼってご紹介します。

Shropshire Collection
100% Wool 396g
2016年秋冬コレクション
ブラウンハウンドトゥース
販売中
Centenary Tartan Collection
100% Shetland wool  280g
2016年秋冬コレクション
完売
Centenary Oil Spun Collection
100% Super 140’s wool 260g

2015年秋コレクション
ブルーグレー無地
販売中
Centenary Tartan Collection
100% Wool 500g

2014年秋冬コレクション
販売中(残り僅か)

Centenary Oil Spun Collection
100% Super 140’s wool 260g
2014年春コレクション
ミッドナイトブルー無地
完売
Centenary Oil Spun Collection
100% Super 140’s wool 260g
2014年春コレクション
ミディアムグレー無地
販売中
Shropshire Collection
100% Wool 396g
2013年秋冬コレクション
グレープリンスオブウェールズ(グリーンのオーバープレイド)
販売中

Shropshire Collection
100% Wool 396g
2012年秋冬コレクション
グレーハウンドトゥース
完売
Pure Mohar Collection
100% Mohair 274g
2011年~2013年春夏コレクション
ミッドナイトブルー無地
完売
Shropshire Collection
100% Wool 396g
2011年秋冬コレクション
グレープリンスオブウェールズ(ブルーのオーバープレイド)
完売
Shropshire Collection
100% Wool 396g
2010年秋冬コレクション
グレージュ無地
完売

Shropshire Collection
100% Wool 396g
2010年秋冬コレクション
ネイビー無地
完売

Pure Mohar Collection
100% Mohair 274g
2010年春夏コレクション
ネイビーハウンドトゥース
完売

Pure Mohar Collection
100% Mohair 274g

2010年春夏コレクション
グレーハウンドトゥース
完売

Shropshire Collection
100% Wool 396g
2009年秋冬コレクション
ベージュプリンスオブウェールズ
完売
Shropshire Collection
100% Wool 396g
2009年秋冬コレクション
ブループリンスオブウェールズ
完売
ページ上部へ戻る